back to index

Cup tea

/2004

フジテレビ「ニューデザインパラダイス」の依頼で製作。生活の中によく使われているプロダクトでデザインが進んでいないものを取り上げ、リデザインする企画。

ティーバックは一杯のカップでも紅茶が楽しめるとういう、本来の特徴を最大限に活かしたデザインを提案。カップで飲むお茶を美味しく作る機能を 形にした。

1. 密封した個別包装で香りを閉じ込める

cuptea_1

2. タグは大きく丸い吸水紙を使用

cuptea_2

3. 茶葉のバッグも丸く水平に浮かぶようにタグと糸で中央に固定

cuptea_3

4. 湯を入れた後、タグが蓋となって紅茶を蒸らし、香りを閉じこめて美味しくさせる。

cuptea_4

5. 蒸らしが完了する頃、タグ表面に温度で色が変化するインクで印刷された文字が現れ、できあがりを知らせる。

cuptea_5

6. カップから紅茶を取り出した後、タグはバッグを受け止めるトレーとなり、余分な水分を吸収して周りを汚すことなく片づけられる。

cuptea_6
cuptea_1_thumb cuptea_1_thumb cuptea_1_thumb cuptea_1_thumb cuptea_1_thumb cuptea_1_thumb